選べるという自由

今日何気なくテレビを見ていたら
CMで「どれにしようか迷うなあ」
と言っていて、もう一人の人が

「迷えるって自由なことよ」

と言っているのを聞いて思わず
「ハッ!」っとなってしまいました。

俗世的に考えれば
(そうや、世の中には選択肢さえ
ない人もいるのに日本という国に
生まれてきてほとんどの日本人は
選べる、という自由があって
まだ幸せやん、、)

と思ってしまったりして、、

スピリチュアル的にいえば、
まあ、そもそも日本に生まれよう
とか北○○に生まれようっていうのも
自分であらかじめ決めてきている
わけなんですが、、

なので俗世的な考えで相手を可哀想と
思うのは相手の魂目線からすると

こっちは自分で決めてきてるんだから
心配ご無用!


だったりするんですね。

人は学びがないと何回でも転生するので
学びの速度を決めるのは自分なので
今世、自分に厳しい課題を与えて
生まれてきた人は今回の人生で学びを
終わらせたいのかもしれません。

だってこの世は学びの場なので、、

関連記事

  1. 現実思考のスピリチュアルライフ

  2. 子どもについ言ってませんか?

カテゴリー